小児歯科医師の求人情報なら「小児歯科医バンク」

「小児歯科医バンク」について

【小児歯科医バンク】の設立趣旨

少子高齢化の進んだ社会状況の中で,子どもの育つ環境も大きく変化し,歯科からの子育て支援や小児の口腔健康支援は重要な課題になっています。

子ども達の口腔の健康を支える良質で専門性の高い小児歯科医療を行うために,日本小児歯科学会(以下 学会)会員は日夜努力を重ねています。しかし,学会の現状としては,全会員の58%を女性会員が占め,とくに20~30 歳代では女性会員が70%を超えていますが,勤務・開業ともに女性歯科医は出産,育児,介護などにより就労や診療所の継続が困難になることも多々あります。小児歯科専門医を育成し,若い会員が生涯にわたって専門性の高い小児歯科医療を国民に提供できるようにするためには,学会として開業もしくは勤務している小児歯科医の就労支援を行う必要があります。

以上の状況から,専門性の高い小児歯科診療を提供している歯科診療所の事業継承支援システムを「助成事業」として位置づけ,学会として小児歯科医バンクを設立しました。当該支援事業は,患者に迷惑がかからないようにその歯科医院で患者が継続して治療を受けられるよう支援するものであり,小児患者の立場を鑑みて会員が社会的使命として行うものです。

【小児歯科医バンク】の目指すところ

  1. 日本の子どもたちに専門性の高い小児歯科医療を継続的に提供します。
  2. 様々なライフスタイルを持っている小児歯科医に各自のライフステージに合った就労を支援します。
  3. 開業もしくは勤務している小児歯科医が出産や介護などの有事の際,会員の代替小児歯科医を雇用し,就労が継続できるよう支援します。

公益社団法人日本小児歯科学会 女性小児歯科医委員会

ページの先頭へ